助産院での出産とは

助産院は、助産師が分娩を取り扱う施設です

助産師は、『正常分娩を扱うことのできる国家資格』と定められています。

原則的には、医療処置(導尿・浣腸・会陰切開など)は行いません。

*抗生剤の点滴、出血が多い場合の点滴処置など必要に応じて医療処置を行うこともあります。
(嘱託医師指示の元)

助産院での出産は、助産師が側に寄り添い、お布団の上で、好きな姿勢で、大切な家族に囲まれての温かい自然なお産です。

お母さん、赤ちゃんの〝産む力〟を最大限に引き出せるよう、妊娠から出産にかけて妊産婦さんに寄り添い心と体づくりのサポートをしていきます。

「妊婦さんの〝妊〟は、忍耐の〝忍〟ですよ。」と励ましながら、「産ませてもらう」のではなく、「産む、産みたい」という思いを一緒に育んでいきます。

しかしながら、陣痛促進剤や帝王切開などの医療介入は困難ですので、お母さんと赤ちゃんの健康状態に不安要素がない方に限られています。

出産が安全に行われ、尊い命を守ること、それが一番大切なことですので、ご理解ください。

チェックリストをご確認いただき、ご家族でご相談ください。

助産院で出産をするためのチェックリスト

助産院での出産を選んだ理由。。。

  • 出産に上の子を立ち会わせたい、家族みんなで出産を迎えたい
  • 子連れ入院ができる
  • 待ち時間がなくゆったりとした妊婦健診を受けたい
  • フリースタイル、不必要な医療介入のないお産がしたい
  • 助産師とゆっくり関われ、不安なことをすぐ聞きたい
  • 妊娠・出産・産後・育児と継続してケアを受けたい
  • 産後、和食中心のおいしいご飯が食べたい
  • 畳の部屋で、ゆっくりと過ごしたい
  • リラックスできる環境で育児をしたい

みどり助産院は、あなたらしい出産のお手伝いをいたします。

ページの先頭へ

サイトマップ個人情報保護方針サイトポリシーアクセシビリティ問合せ